市場ニュース

戻る
2016年07月15日20時52分

【為替】欧州為替:ドル・円106円14銭から105円57銭まで下落

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

 15日のロンドン外為市場では、ドル・円は106円14銭から105円57銭まで下落した。欧州株安に加え、ポンド・円の下落により、円買いが優勢になった。106円台にまだ定着できないことで、利益確定のドル売りも出た可能性。


 ユーロ・ドルは1.1130ドルから1.1149ドルで推移し、小動き。ユーロ・円は118円24銭から117円60銭まで下落し、円買い主導の展開になった。


 ポンド・ドルは1.3449ドルから1.3341ドルまで下落。英中銀のハルデーン理事(主任エコノミスト)の発言を受けて8月利下げ観測が強まり、ポンド売りが先行した。ドル・スイスフランは0.9782フランから0.9797フランで推移した。

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均