市場ニュース

戻る
2016年07月15日17時38分

【市況】マザーズ指数は大幅に3日続落、主力株からの資金流出続く、LINE関連は急落/マザーズ市況

任天堂 <日足> 「株探」多機能チャートより

 本日のマザーズ市場は、スマートフォンゲームアプリ「Pokemon GO」が好調な任天堂<7974>やその関連銘柄への物色が続いたほか、東証1部に新規上場したLINE<3938>に投資家の関心が向かったことから、SOSEI<4565>やミクシィ<2121>など主力銘柄からの資金流出が継続し、軟調な展開となった。材料出尽くし感からLINE関連株が軒並み急落し、直近IPO銘柄でも手仕舞いの動きが強まった。なお、マザーズ指数は大幅に3日続落、4%安で本日の取引を終えた。売買代金は概算で1181.02億円。騰落数は、値上がり44銘柄、値下がり187銘柄、変わらず3銘柄となった。
 個別では、SOSEIやミクシィ、Hamee<3134>、サイバーダイン<7779>、グリーンペプ<4594>などが軟調。LINE関連ではADWAYS<2489>がストップ安まで売られたほか、ネットイヤー<3622>、フリークアウト<6094>、メディアシーク<4824>などが急落した。その他でも、足元で上昇の目立っていたモブキャス<3664>、直近IPO銘柄の農業総合研究所<3541>やセラク<6199>、前日ストップ安となっていたファーマF<2929>など下落率が2ケタに達する銘柄が多数あった。一方、業績予想を上方修正したヨシムラフード<2884>、株式分割や第1四半期の大幅増益決算を発表した東京ベース<3415>、VR市場へ本格参入するイード<6038>はストップ高で取引を終えた。また、AppBank<6177>が連日の大幅高となり、材料の観測されたロゼッタ<6182>、OTS<4564>、あんしん保証<7183>も急伸。モバファク<3912>は位置ゲーム関連として物色が続いた。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均