市場ニュース

戻る
2016年07月15日11時01分

【材料】東京海上が5連騰で底入れ足、東海東京が「アウトパフォーム」目標株価4450円

東京海上 <日足> 「株探」多機能チャートより
 東京海上ホールディングス<8766>が5連騰で13週・26週移動平均線を一気に上抜き、底入れを鮮明としている。年初から一貫して下値を切り下げる展開にあったが、マイナス金利環境下にあって配当利回り3.5%台の高さは魅力となっている。

 14日付で東海東京調査センターが同社株のレーティングを「アウトパフォーム」継続で目標株価を4450円に設定しており、これが株価を刺激する格好となった。同調査センターでは、17年3月期の業績予想について、前期にやや低調であった国内損保事業(保険引受利益)や海外事業の回復を見込み、経常利益段階で前期比2.2%増の3945億円(会社側計画は同1.5%減の3800億円)と、会社側の減益予想が覆り増益になるとの試算を示している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均