市場ニュース

戻る
2016年07月15日09時54分

【材料】武田薬、ドイツ証券は目標株価を4800円へ引き下げ

武田 <日足> 「株探」多機能チャートより
 武田薬品工業<4502>が反落。現在は今日の安値圏で推移している。

 今日はドイツ証券が同社についてリポートをリリースしたことが確認されている。17年3月期第1四半期の業績は日本での薬価引き下げと為替の悪影響に加えて、TEVAとの合弁への特許切れ薬売却の影響を受けると想定。絶対的な利益水準が低水準であるため、このことは同証券予想に大きく影響すると説明。為替の想定を従来の1ドル110円から100円へ、1ユーロ125円から110円へ引き下げ。売上高はコストよりも為替に敏感であり、処方薬売上高への長期的影響を平均マイナス6%とすると、コアEBITの同社予想が12%押し下げられることになり、新薬売上予想の若干の上方修正が相殺されると解説。

 レーティングは「ホールド」を継続。目標株価は5100円から4800円へ引き下げている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均