市場ニュース

戻る
2016年07月15日09時21分

【材料】トヨタなど自動車株が高い、為替が通期想定ラインの1ドル=105円台まで戻す

トヨタ <日足> 「株探」多機能チャートより
 トヨタ自動車<7203>、ホンダ<7267>など自動車株が高い。前日の米国株市場でNYダウが連日の最高値更新と好調に上値追い態勢にあり、外国人投資家のリスク許容度が改善。また、外国為替市場で足もと1ドル=105円台まで円安方向に傾いていることで、為替感応度の高い自動車株には見直し買いが続いている。今期想定為替レートはトヨタをはじめ1ドル=105円に設定しているメーカーが多く、実勢はその水準まで戻してきた。また、ホンダはソフトバンクグループ<9984>と「人工知能(AI)を使った自動車の運転支援システムを共同開発する」と15日付の日本経済新聞が報じたことも株価の刺激材料となっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均