市場ニュース

戻る
2016年07月15日09時06分

【市況】東京株式(寄り付き)=続伸、NYダウ最高値と円安でリスクオン継続

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 15日の東京株式市場は売り買い交錯もやや買い優勢、寄り付きの日経平均株価は前日比10円高の1万6396円と小幅続伸。

 前日の米国株市場ではNYダウが134ドル高と5日続伸し史上最高値を連日更新、これを受けて東京市場でもリスク選好ムードにあるが、日経平均は前日までの4日続伸で1300円近い上昇を示しており、3連休前ということもあって上値が重くなっている。外国為替市場では1ドル=105円台に入るなど円安に振れており、これは輸出株中心に買いに有利に働く。きょうは今年のIPOの目玉として注目されたLINE<3938>が東証1部に上場、先行上場のニューヨークでは公開価格を28%上回るなど好調だったことから、東京市場でも人気化が予想され、全体地合いにも好影響を与える可能性がある。

 寄り付き時点で業種別では33業種中、24業種前後が高く、値上がり上位に保険、証券、銀行、証券、輸送用機器、その他金融など。値下がりでは不動産、医薬品、小売、情報通信など。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均