市場ニュース

戻る
2016年07月15日09時04分

【市況】個別銘柄戦略:メガバンクやファストリなどがけん引役か

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

欧米市場の堅調な動き、為替の円安など外部環境は良好、本日の東京市場も堅調な推移が続く公算は大きいだろう。指数インパクトの大きいファストリは前日に想定以上の底堅い業績を発表、ソフトバンクグはAIでの運転支援開発報道が伝わり、それぞれ日経平均を押し上げることになろう。JPモルガンの決算発表後の上昇などで、メガバンクも本日は上値追いが期待される。中国のGDPなどがリスク要因だが、大きなブレは想定されにくいとみられる。また、LINEがついにIPO、米国市場では想定以上に順調な推移を切った印象が強い。初値は米国市場の終値が基準となるが、その後の展開次第では、相対的な出遅れ感が強い新興市場の見直しの流れなどにもつながっていく可能性があろう。

《KS》

 提供:フィスコ

日経平均