市場ニュース

戻る
2016年07月15日08時19分

【材料】サンエー化研---17年3月期は最終減益見込むも、収益基盤の安定化に向けた取り組み強化

サンエー化研 <日足> 「株探」多機能チャートより

サンエー化研<4234>は「貼って、剥がす」をコアテクノロジーとするプラスチックフィルム加工メーカー。電子レンジ対応食品包材「レンジDo!」などの軽包装材料のほか、機能性材料、産業資材が3本柱。用途に合わせた各種フィルムを、企画から開発・製造・販売まで一貫供給。

17年3月期は売上高が前期比4.8%増の310.00億円、営業利益が同27.3%減の8.50億円、純利益が同46.7%減の4.79億円を計画。軽包装材料では独自商品の改良と差別化、産業資材では高付加価値製品を中心に販売拡大、機能性材料では市場のトレンドに合致した製品開発を推進し、高収益体質への転換を図る。新たに竣工、稼働する掛川工場WESTおよびR&Dセンターの償却負担増加で最終減益を見込む。

同社は、中長期的な経営戦略として、価格競争に巻き込まれにくい高付加価値製品の開発・拡販を推進し、収益基盤の安定化を図る。新市場の開拓と新規需要を獲得するため、今後とも拡大が期待される中国をはじめとする東アジア市場を中心に、積極的に海外展開に取り組んでいく考えだ。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均