市場ニュース

戻る
2016年07月14日14時02分

【経済】中国旅客機が南沙諸島で試験発着、南シナ海判決直後に


オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所が「南シナ海での中国の管轄権を認めない」とする判決を下した直後の13日、中国は南沙(スプラトリー)諸島の人工島に建設した飛行場2カ所で、旅客機の試験発着を行った。実効支配をアピールする狙いがあるとみられている。
南シナ海の領有権をめぐりフィリピンが申し立てた裁判で、仲裁裁判所は12日、中国が管轄権の根拠とする「九段線」には国際法上の根拠がないとの判決を下した。
これを受け、中国外交部は「判決は無効で、拘束力がない。中国は判決を受け入れず、認めない」とのコメントを発表している。また、国営メディアの報道によると、南沙諸島の人工島に建設した飛行場2カ所で13日、中国の小型航空機が試験的に離着陸を行った。試験発着が行われたのは、美済礁(ミスチーフ礁)、渚碧礁(スビ礁)に造成された人工島。中国はこのほか、永暑礁(ファイアリー・クロス礁)にも飛行場を建設済みだ。
南シナ海の上空は、国際航空便の往来が世界で最も頻繁に行われているエリアの一つ。中国の国営メディアは、各飛行場の供用が開始されたことで、気象情報の提供や海難事故の救援など、各種の公共サービスを提供できるようになったと伝えている。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均