市場ニュース

戻る
2016年07月14日12時47分

【材料】富士重、国内大手証券は今下期以降のブレークスルーに期待した強気スタンスを継続

富士重 <日足> 「株探」多機能チャートより
 富士重工業<7270>が小幅ながら4日続伸。現在はプラス圏に浮上し、今日の高値圏で推移している。

 SMBC日興証券がリリースしたリポートによると、同社株は7月6日に年初来安値を更新しており、対ドルレートの円高進行は大きなリスクファクターではあるものの、引き続き、今下期以降のブレークスルーに期待した強気スタンスを継続すると紹介。現地生産能力は15年末の20.0万台から16年末には39.4万台に増強予定も、17年3月期最大の焦点は「新ラインでの新機種立ち上げ」であり、販売増のポテンシャルはもちろん、「立ち上げ成功」による収益アップサイドにも注目しておきたいと解説。

 業績予想の下方修正に伴い、目標株価を4700円から4000円へ引き下げているものの、投資評価は「1」(アウトパフォーム)を継続している。
《MK》

株探ニュース

日経平均