市場ニュース

戻る
2016年07月14日12時28分

【市況】後場に注目すべき3つのポイント~ポケモノミクス相場強まる、LINE株へも波及するか

ドル円 <日足> 「株探」多機能チャートより

14日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

ポケモノミクス相場強まる、LINE株へも波及するか
・ドル・円は104円11銭付近、日本株高や豪ドル上昇を意識したドル買いで底堅い
・そーせい、SMBC日興がカバレッジ開始



ポケモノミクス相場強まる、LINE株へも波及するか

日経平均は続伸。123.87円高の16355.30円(出来高概算10億1000万株)で前場の取引を終えている。13日の米国市場はNYダウ、S&P500指数が連日で最高値を更新したが、原油相場の下落が嫌気され、上値の重い相場展開だった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比115円高の16345円であり、日経平均はこれにさや寄せする格好から始まった、連日の上昇に対する目先的な達成感から利食いも出やすく、小幅に続伸して始まると、その後下げに転じる場面もみられた。

しかし、押し目買い意欲は強く、その後はじりじりと上げ幅を拡大させている。インデックスに絡んだ商いが中心のため、ソフトバンクグ<9984>、セコム<9735>、電通<4324>、テルモ<4543>、エーザイ<4523>などが指数をけん引。ファーストリテ<9983>は決算を控え売りが先行し、重しとなっている。セクターでは任天堂<7974>の強い値動きが続いており、その他製品が7%超の上昇。その他、建設、非鉄、石油石炭、ゴム製品、サービス、繊維がしっかり。半面、証券、銀行、輸送用機器が小安い。

任天堂<7974>が上げを加速してきている。「ポケモンGO」の爆発的ヒットが材料視されているが、超値がさ株でTOPIXへのインパクトが大きいこともあり、ファンド等はパフォーマンスの観点から組み込まざるを得ない状況にも映る。現在は米国、オーストラリア、ニュージーランドでリリースしているが、今後、日本を含む各国での展開等を考慮すると、先高期待は大きい。

また、ARゲームの拡大が見込まれるほか、ポケモン製品への波及も期待されるため、関連銘柄への物色も短命では終わらないだろう。一方で、任天堂の急伸により、他のゲーム株の一角にはリバランス的な売りも観測される。資金シフトも強まると考えられ、ゲームセクターの動向には注意が必要である。また、LINEの上場についても、少なからず海外勢からみた日本のコンテンツ産業として、「ポケモンGO」の影響は波及するだろう。「ポケモノミクス」相場は続きそうだ。


(株式部長 村瀬智一)



■ドル・円は104円11銭付近、日本株高や豪ドル上昇を意識したドル買いで底堅い

14日午前の東京外為市場では、ドル・円は底堅い値動きとなった。日経平均株価の堅調地合い継続や豪ドルの上昇を受けた値動き。ドル・円は、104円40銭付近で寄り付いた後、日本株の上げ幅縮小で103円98銭まで下落したが、日経平均が堅調地合い維持しており、104円67銭までドル買い・円売りに振れた。一方、10時半に発表された6月の豪正雇用者数は大幅増加となったことで豪ドル・円は79円20銭付近から79円88銭まで上昇し、ドル・円の相場を104円60銭台まで押し上げた。

日経平均株価の大幅続伸への期待は残されており、ランチタイムの日経平均先物は堅調地合いを維持しているため、午後の取引でリスク選好のドル買いは続く可能性はあろう。ただ、英中銀による今晩の金融政策発表を控え、様子見ムードが広がりやすい。

ここまでは、ドル・円は103円98銭から104円67銭、ユーロ・ドルは1.1088ドルから1.1116ドル、ユーロ・円は115円38銭から116円34銭で推移。

12時15分時点のドル・円は104円11銭、ユーロ・円は115円19銭、ポンド・円は138円32銭、豪ドル・円は79円09銭で推移している。

(為替・債券アナリスト 吉池威)



■後場のチェック銘柄


・そーせい<4565>、SMBC日興がカバレッジ開始
・オムロン<6645>、三菱自動車<7211>など3社の目標株価変更

・ハーカー連銀総裁
「今年は最大で2回の利上げが適切な可能性」
「FRBはインフレに関して後手に回るリスクがある」

・ジョンソン英外相
「英国にとって米国は列の先頭」

・モブキャスト<3664>、大和コン<3816>、モバファク<3912>などが前場ストップ高
※一時ストップ高(気配値)を含みます



☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・特になし


<海外>
・特になし

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均