市場ニュース

戻る
2016年07月14日11時11分

【市況】11時時点の日経平均は4日続伸、任天堂が急反発し「ポケモノミクス」継続

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

11時00分現在の日経平均株価は16301.52円(前日比70.09円高)で推移している。13日の海外市場では米NYダウ、S&P500指数が連日で最高値を更新したが、欧米株は高安まちまちと方向感に乏しく、日経平均も10円高と前日終値水準からスタートした。寄り付き後は一時16313.55円(前日比82.12円高)まで上昇する場面も見られたが、前日までの3日間で計1124円上昇し、英国の欧州連合(EU)離脱決定前の水準を一時回復しただけに様子見ムードが強まっている。

個別では、小野薬<4528>、ソニー<6758>、ソフトバンクグ<9984>などが堅調。連日活況の任天堂<7974>は11%高と大幅反発している。同社と提携するディーエヌエー<2432>が3%超上昇しているほか、「ポケモン」関連のサノヤスHD<7022>は商いを伴って8%超の上昇に。また、イマジカロボッ<6879>がストップ高となっており、任天堂やTSI HD<3608>などとともに東証1部上昇率上位となっている。一方、前日まで買われていた三菱UFJ<8306>、トヨタ自<7203>、三井住友<8316>、みずほ<8411>などがさえない。Vテク<7717>も反落し3%超安で推移している。また、コロプラ<3668>、ワッツ<2735>、グリー<3632>などが東証1部下落率上位となっている。

《HK》

 提供:フィスコ

日経平均