市場ニュース

戻る
2016年07月14日10時15分

【材料】イオンモール、国内大手証券は短期反発期待も中期的な収益回復はビジビリティに欠けると指摘

イオンモール <日足> 「株探」多機能チャートより
 イオンモール<8905>が小幅続伸。

 三菱UFJモルガンスタンレー証券では、決算発表後の株価下落を受け、国内既存店の専門店売上高が熊本地震の影響を除くと前年同期比で0.5%減とマイナス幅が縮小することや、海外事業の収益改善も概ね会社計画線と考えられることから、短期的に株価の割安感が高まった印象と指摘。第2四半期以降の利益進捗によっては一定の株価反発が期待できると見ているものの、中期的な収益性回復は依然ビジビリティに欠けるとみて、レーティング「ニュートラル」を継続。目標株価を1800円から1550円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均