市場ニュース

戻る
2016年07月14日09時27分

【市況】日経平均は10円高で小幅続伸スタート、NYダウ、S&P500指数が連日で最高値を更新するも上値の重い展開に/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16242.20 (+10.77)
TOPIX  : 1301.13 (+0.87)

[寄り付き概況]

 日経平均は小幅に続伸して始まった。3日の米国市場はNYダウ、S&P500指数が連日で最高値を更新したが、原油相場の下落が嫌気され、上値の重い相場展開だった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比115円高の16345円であり、日経平均はこれにさや寄せする格好に。


 セクターでは任天堂<7974>が3%超の上昇で始まっていることもあり、その他製品が上昇率トップ。空運、その他金融、サービス、ゴム製品、小売、非鉄金属、保険、建設、精密機器が堅調。半面、海運、証券、輸送用機器、ガラス土石が小安く始まっている。売買代金上位では、任天堂のほか、ソニー<6758>、KDDI<9433>、ソフトバンクグ<9984>、NTT<9432>が堅調。半面、トヨタ<7203>、Vテク<7717>、キーエンス<6861>が一服。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均