市場ニュース

戻る
2016年07月13日18時03分

【為替】明日の為替相場見通し=104円前半中心の一進一退も

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、104円前半を中心とする一進一退が続きそうだ。予想レンジは1ドル=103円80~104円80銭。

 前日のニューヨーク市場で一時104円98銭までドル高・円安が進行したが、105円には届かなかった。東京市場に移ってからは、東京株式市場での売買が始まると利益確定の動きが強まり103円94銭まで売られる場面があったが、その後は、104円前半でのもみ合いが続いた。急激な円安が進行しただけに、当面は104円前半を中心とする値動きが予想される。NYダウなどの動向が注目されるが、今晩はフィラデルフィア連銀のハーカー総裁の講演が予定されており、その内容も関心を集めそうだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均