市場ニュース

戻る
2016年07月13日14時12分

【市況】国内調査機関、円は強含みで推移、日経平均は1万6500円が上限になると予想

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより
 TIWでは、米国は雇用統計に加えISM製造業・非製造業も市場予想を上回る強い数値となり、米経済は安定的なことが裏付けられたと指摘。それでも、ブレグジットをはじめ世界経済の動揺を慎重に見極めるためにFRBは利上げに慎重な姿勢を堅持すると考え、当面、日本円は強含みで推移すると予想。

 英国では13日にもメイ内相が就任する見込みのため、ブレグジットへの警戒が再び強まる可能性も考えられるとして、目先の反騰相場の深追いは避けたいと解説。

 第1四半期決算を織り込むまでは、日経平均は1万6500円が上限になると予想している。
《MK》

株探ニュース



日経平均