市場ニュース

戻る
2016年07月13日08時36分

【材料】三浦印刷---価格競争力を強化・Web販促支援を拡充、17年3月期は2ケタ増益見込む

三浦印 <日足> 「株探」多機能チャートより

三浦印刷<7920>は商業印刷などの印刷事業が主力。印刷物のデータを流用し、PC・スマートフォン・タブレットなどのWebメディアに展開できるサービスも開始。駐車場事業(時間貸し駐車場の運営など)、不動産事業(主にマンション賃貸)も手掛ける。

2017年3月期は売上高が前期比1.6%増の122.20億円、営業利益が同18.2%増の6.10億円、純利益は同24.0%増の4.70億円を計画する。印刷事業では、基幹システム刷新による価格競争力の強化とともに、Web系販促支援サービスの拡充で受注拡大を図る。駐車場事業では、新規事業地の開拓、料金改定を実施し収益拡大を目指す。年間配当は2円増の6円を計画している。

紙媒体への需要が減少傾向にある中、同社は中長期的な経営戦略として、得意領域である商業印刷での優位性を徹底的追求し、印刷事業の収益構造の再構築を推進する。駐車場事業の収益拡大、不動産事業の有効活用にも努めながら、グループ全体で持続的な成長と企業価値の向上に取り組む考えだ。M&A、業務提携等も模索するとともに、積極的な戦略投資も視野に入れる。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均