市場ニュース

戻る
2016年07月12日18時21分

【市況】12日の日本国債市場概況:債券先物は一時153円34銭まで反落


<円債市場>
長期国債先物2016年9月限
寄付153円51銭 高値153円70銭 安値153円34銭 引け153円69銭
売買高総計25383枚

2年 366回 -0.350%
5年 128回 -0.360%
10年343回 -0.280%
20年157回 0.080%

債券先物9月限は、153円51銭で取引を開始し、30年債の入札結果が低調との見方から一時売りが強まり、153円34銭まで下落。その後、買い直されて153円70銭まで反発した。現物債の取引では、10年債が買われたが、20年債で売りが強まった。

<米国債概況>
2年債は0.66%、10年債は1.48%、30年債は2.21%近辺で推移。
債券利回りは上昇継続。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.13%、英国債は0.78%、オーストラリア10年債は1.94%、NZ10年債は2.28%で推移。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・20:00 南ア・5月製造業生産(前月比予想:+0.4%、4月:+0.8%)
・22:15 タルーロ米FRB理事講演(シャドーバンキング関連)
・22:35 ブラード米セントルイス連銀総裁講演(全米企業エコノミスト協会)
・23:00 米・5月卸売在庫(前月比予想:+0.2%、4月:+0.6%)
・23:00 米・5月JOLT求人件数(予想:565.0万件、4月:578.8万件)
・02:00 米財務省10年債入札(100億ドル、リオープン)
・06:30 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁講演(経済情勢とFRBの役割)

《KK》

 提供:フィスコ

日経平均