市場ニュース

戻る
2016年07月12日17時41分

【為替】明日の為替相場見通し=103円台定着を探る局面に

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩からあすにかけての外国為替市場のドル円相場は、いったんは103円台の定着を探る局面が見込まれる。予想レンジは1ドル=102円50~103円80銭。

 この日は、前日のニューヨーク株式市場でS&P500種が約1年2カ月ぶりに最高値を更新したほか、日銀の追加緩和期待が高まり急激なドル高・円安が進行。一時103円62銭をつけ英国の欧州連合(EU)離脱決定後の高値(103円40銭)を更新した。先行き警戒感が後退したことによる、巻き戻しのドル高・円安が進行している。ただ、急ピッチな上昇となっているだけに、目先高値一服の動きも予想される。今晩は米国でミネアポリス連銀やクリーブランド連銀総裁の講演が予定されており、その発言も注目されている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均