市場ニュース

戻る
2016年07月12日14時02分

【市況】14時時点の日経平均は前日比457.13円高、マツダ、富士重などが強い

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

14時時点の日経平均は前日比457.13円高の16165.95円で推移している。後場ここまでの高値は13時23分の16192.22円、安値は12時33分の16117.62円。東証一部の売買代金は2兆円台に迫っており、前日比では商いが増加している。上値は重くなっているが、16100円台半ばでしっかりとした推移に。

全市場の売買代金上位銘柄では、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>、日本電産<6594>、富士重<7270>、マツダ<7261>、三井不<8801>、村田製<6981>、パナソニック<6752>の上げが目立つ。一方、そーせい<4565>がさえない推移となっている。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均