市場ニュース

戻る
2016年07月12日13時40分

【材料】積水ハウスが続伸、国内大手証券は18年1月期以降も営業増益基調が続くとの見方

積水ハウス <日足> 「株探」多機能チャートより
 積水ハウス<1928>が続伸。堅調展開となっている。

 大和証券がリポートをリリース。17年1月期営業利益は1720億円(前期比15%増)と予想、従来予想比では40億円の減額修正も、18年1月期は駆け込み需要の反動減等を想定する必要がなくなったため、営業利益を1860億円(従来予想比60億円増)に上方修正している。

 同証券は、戸建住宅市場の動向に左右されにくい利益体質を構築した同社について、18年1月期以降も営業増益基調が続くとの見方で、投資判断は「2」(アウトパフォーム)を継続。目標株価は2200円から2000円へ引き下げている。
《MK》

株探ニュース



日経平均