市場ニュース

戻る
2016年07月11日15時49分

【市況】国内大手証券、今回の参院選の結果は日本株にとってニュートラル

 国内大手証券では、今回の参院選の結果は日本株にとってニュートラルと指摘。今回の参院選に向けて強い期待が醸成されていたわけではないと思われるなか、政治情勢の安定性は特筆すべきものがあるものの、アベノミクスの成果の蓄積は心もとないと解説。

 首相官邸のウェブサイトの「アベノミクス成長戦略~これまでの関連施策情報」で成長戦略に関する情報の蓄積を追う限り、モメンタムの低下を指摘されてもやむを得ない面があるとみて、臨時国会開催が本当に9月後半なら、短期的な関心は補正予算の規模面に集中しやすいと予想。

 セクターでは、規模に対する関心の強さが当面の支援材料になりそうな建設株に注目している。
《MK》

株探ニュース

日経平均