市場ニュース

戻る
2016年07月11日10時44分

【材料】旭ダイヤ、国内大手証券はエコメップによるスライスは経済合理性があると推察

旭ダイヤ <日足> 「株探」多機能チャートより
 旭ダイヤモンド工業<6140>が反発。現在は今日の高値圏で推移している。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、エコメップによるスライスは、遊離砥粒方式と比べ2倍以上の生産性(切断に要する時間が半分以下)と、カーフロス縮小によるウエハ取れ数の増加などの利点があり、スライス後処理コストを踏まえても経済合理性があると推察。単価下落で高付加価値製品とは呼び難くなっているものの、増産効果は享受しうる製品であることに変わりは無いと考え、レーティング「バイ」を継続。目標株価は1500円から1040円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均