市場ニュース

戻る
2016年07月11日10時07分

【市況】国内有力証券、経済対策で恩恵を受けそうな建設、小売、食品など内需関連株に追い風と指摘

 東海東京調査センターでは、今日の日本株は戻りを試す展開を予想。円高懸念は重石も、参議院選挙で与党が勝利したことで大型の経済対策への期待感が高まると見込まれることや米国景気の底堅さ、安倍首相が週内に経済対策の検討を指示するとの見方が示されている事に着目。

 公共事業拡大や消費刺激策、中小企業の支援策などが盛り込まれる見通しのため、経済対策で恩恵を受けると見られる建設株、小売関連株、食品株などの内需関連株には追い風との見解を示している。
《MK》

株探ニュース



日経平均