市場ニュース

戻る
2016年07月11日10時00分

【材料】ワキタが続急落、公共事業の減少響き17年2月期業績を下方修正

ワキタ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ワキタ<8125>が続急落し、年初来安値を更新。前週末8日取引終了後、17年2月期の連結業績予想の修正を発表し、売上高を595億円から570億円(前期比1.1%減)へ、営業利益を65億円から52億円(同23.1%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 グループ主力の建機事業は、首都圏の建機需要は伸長するが、全国的には公共事業の減少や予算執行の遅延などにより減収を見込んでいる。また、賃貸部門は、保有機械の稼働率低下や減価償却費などの原価の高止まりなどで減益を予想している。

 あわせて発表した第1四半期の連結決算は売上高148億8200万円(前年同期比3.2%減)、営業利益16億2200万円(同31.8%減)だった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均