市場ニュース

戻る
2016年07月08日17時08分

【市況】マザーズ指数は4日続落、手仕舞い売り優勢で直近IPO銘柄の下げ目立つ/マザーズ市況

そーせい <日足> 「株探」多機能チャートより

 本日のマザーズ市場では、朝方に前日の下落を受けた自律反発の動きも見られたが、米雇用統計の発表を控えた週末ということで手仕舞い売りに押される展開となった。SOSEI<4565>などの主力株や直近で上昇の目立った銘柄に売りが広がり、マザーズ指数は一時4%近く下落して950ptを割り込んだ。ただ、引けにかけて買い戻しや押し目買いが入り下げ渋った。なお、マザーズ指数は4日続落、売買代金は概算で1430.40億円。騰落数は、値上がり41銘柄、値下がり178銘柄、変わらず14銘柄となった。
 個別では、マザーズ売買代金トップのSOSEIは一時6%超下落したが、終値では小幅安となった。その他アンジェス<4563>、ミクシィ<2121>、サイバーダイン<7779>などが軟調。決算発表を受けて買いが先行したSHIFT<3697>は、利益確定売りに押されマイナスへと沈んだ。セラク<6199>やバーチャレクス<6193>といった直近IPO銘柄は大きく売られた。また、前日上昇の目立ったAiming<3911>やアクセルマーク<3624>に加え、農業総合研究所<3541>、アキュセラ<4589>が10%を超える下げとなった。一方、NEDO公募事業に採択されたDMP<3652>、新規がん治療抗体への期待が高まったファーマF<2929>が商いを伴って急伸。DDS<3782>も新サービス開始のリリースを受けて買われる場面があった。その他アカツキ<3932>、じげん<3679>などが堅調で、グリーンペプ<4594>やセレス<3696>は小幅に上昇した。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均