市場ニュース

戻る
2016年07月08日10時17分

【材料】ヤマハ発動機が4日ぶり反発、水底地形を測量する無人観測艇開発と報じられる

ヤマハ発 <日足> 「株探」多機能チャートより
 ヤマハ発動機<7272>が4日ぶりに反発。きょう付の日経産業新聞で、「ダムや海、湖の底の地形を把握するための自律航行型の無人観測艇を開発した」と報じられており、これを好材料視した買いが入っている。

 記事によると、主に測量会社向けに8月中旬に業務用レンタルサービスを始めるという。同社ではこれまでにも無人観測艇を開発しているが、商業レンタル用の開発は初めて。また、将来は産業用無人ヘリを含む新規事業部門の売上高を現在の約2倍の100億円に高める考えだとしていることから、商品拡充で成長力強化につながるとみる向きもあるようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均