市場ニュース

戻る
2016年07月08日10時08分

【材料】ナブテスコ、国内大手証券は航空・油圧機器事業の収益性改善に注目

ナブテスコ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ナブテスコ<6268>が3日ぶりに反落。現在は下げ幅を縮小している。

 SMBC日興証券がリポートをリリース。同社に対する営業利益予想を減額修正、16年12月期営業利益を291億円→234億円(9カ月決算だった15年12月期を12カ月に調整したベース213億円と比べ10%増)と予想。輸送用機器、航空・油圧機器、精密機器で会社予想を下回り、会社計画255億円には未達とみている。17年12月期は322億円→256億円と予想している。

 同証券ではまた、航空・油圧機器事業の収益性改善に注目。同社は航空機器でボーイング向けの受注を獲得しており、17年12月期からはB737MAX、19年12月期からはB777Xの生産レートも上昇に向かうと考えられ、数量効果が期待できると解説。目標株価は3000円から2600円へ引き下げ、投資評価は「2」(中立)を継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均