市場ニュース

戻る
2016年07月08日09時16分

【材料】RSテクノロジ?ズ、熊本地震で影響を受けた再生ウェーハ及び関連部材の供給に貢献

RSテクノ <日足> 「株探」多機能チャートより

 

RSTechnologies<3445>は半導体用再生シリコンウェーハ世界最大手。業務提携やM&Aを積極化し同市場におけるシェアの拡大を目指す。台湾子会社の新設や国内工場の増設に伴い生産能力は向上。加えて2016年5月に発表した日本バルカー工業<7995>との資本業務提携により更なる生産力向上が期待される。

今回熊本地震の影響を受けた再生ウェーハ及び関連部材において、同社は生産能力を活かし、ファーストベンダーであるCMOSセンサー世界最大手SONY<6758>や同市場への安定供給に貢献。

取締役営業部長の近藤氏は熊本地震での対応を振り返り「当社も東日本大震災からの立ち上げの際など世界中の顧客やサプライヤーにご支援いただいた。今回そのご恩返しとして困難な状況にあるお客様にご協力できて大変光栄に思う。現在再生ウェーハ業界は同業が廃業したり被災したりするなど需給バランスが崩れつつあるが、当社は引き続き旺盛な需要に応えるべく日本、台湾での生産能力を最大限に生かして対応していきたい」とコメントしている。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均