市場ニュース

戻る
2016年07月08日09時07分

【市況】個別銘柄戦略:様子見ムード崩せずポジション調整の動き中心に


米雇用統計を控えた週末とあって、本日は積極的な売買が控えられる見通し。前日同様にポジション調整の動きが中心になっていくと考えられる。または、デイトレ感覚での短期資金の動向などにも関心だが、三菱UFJ銀の仮想通貨取引所出資を受けて、フィンテック関連の動きなどは注目される。決算関連では前日に決算発表のセブンアイ、想定を下回るものとみられ、ネガティブな動きが予想される。小売りセクターなどにも関心は向かいにくいか。ディフェンシブセクターでは、一部で新規カバレッジ、買い推奨銘柄が多かった医薬品株などに注目したいところ。ほか、ヤフー、電源開発、東京エレクなどにアナリストの高評価がみられている。

《KS》

 提供:フィスコ

日経平均