市場ニュース

戻る
2016年07月07日13時55分

【材料】アウトソシングが急反落、レオスなどの保有割合引き下げを嫌気

アウトソシン <日足> 「株探」多機能チャートより
 アウトソーシング<2427>が急反落。前日に日経平均の大幅安に逆行高と気を吐いたが、きょうは前日の上昇分を上回る下げとなった。

 これまで同社の株式を買い増してきたレオス・キャピタルワークスやJPモルガン・アセット・マネジメントなどが、直近に来て保有株を減少させていることが判明、これが利益確定の売りを誘発する格好となった。6日受付でレオスは7.42%から6.21%に、JPモルガンなども5.62%から4.30%に保有株を引き下げている。

 ただテクニカル的には、時価4400円近辺は13週移動平均線との上方カイ離を埋め切った水準にあり、下値抵抗力が発揮されやすい。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均