市場ニュース

戻る
2016年07月07日11時44分

【市況】東京株式(前引け)=買い意欲乏しく小幅続落、円高が重荷

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより
 7日前引けの日経平均株価は前日比35円62銭安の1万5343円37銭と続落。前場の東証1部の売買高概算は9億4248万株、売買代金概算は9086億7000万円。値上がり銘柄数は712、対して値下がり銘柄数は1083、変わらずは170銘柄だった。

 きょう前場の東京株式市場は、買い意欲に乏しく日経平均は続落した。前日の米国株市場では市場予想を上回る景気指標を好感して、安く始まった後プラス圏に切り返したが、東京市場では1ドル=101円台を割り込む円高が重荷となり、この流れを引き継ぐことができなかった。米国6月の雇用統計発表をあすに控えていることもあって、押し目に買い向かう動きも目立たない。ただ、東証1部の騰落レシオは前日時点で87%まで下がっており、売り圧力も限定的だ。円高でも自動車セクターに買い戻しが入り堅調な銘柄が増えている。

 個別ではKLab<3656>がストップ高、新日本科学<2395>も大きく値を上げた。ジャパンディスプレイ<6740>が堅調、ヤマトホールディングス<9064>も買いを集めた。藤倉ゴム工業<5121>も商い急増のなか大幅高。ソフトブレーン<4779>はストップ高でカイ気配をつづけた後、前場終盤に目先筋の売りが集中する波乱展開となった。半面、NTT<9432>が冴えず、ソフトバンクグループ<9984>も軟調。イオン<8267>が大幅安。アウトソーシング<2427>が急反落、ユニ・チャーム<8113>も安い。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均