市場ニュース

戻る
2016年07月07日11時30分

【材料】Uアローズ、国内大手証券は株価の反発には業績モメンタムの復活が必要との見解

Uアローズ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ユナイテッドアローズ<7606>が4日ぶりに大幅反落。現在は下げ幅を縮小している。

 SMBC日興証券がリポートをリリース。業績悪化時に投資が凍結される傾向があり、新規事業の離陸が見えないこと、20年12月末以降クロムハーツ(CH)事業の利益貢献縮小が予想されることなど、長期成長への期待値が低下した点も踏まえ、投資評価を「1」(アウトパフォーム)から「2」(中立)へ格下げ。目標株価は5900円から3400円へ引き下げている。

 同証券ではまた、株価低下は著しいものの、時価総額を考慮すると同社株の反発には業績モメンタムの復活が必要と考え、売り上げの前年水準が低下する年明け以降のモメンタムに注目している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均