市場ニュース

戻る
2016年07月07日11時19分

【為替】東京為替:ドル弱含み、豪格付け見通し引き下げで豪ドル売り・円買い増加の影響も

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

米S&Pがオーストラリアの格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げたことで豪ドル売りが強まり、対円では76円付近から75円28銭まで下落。ドル・円は豪ドル・円の下落に連動し、一時100円75銭近まで値を下げた。ただ、日経平均株価の下げ幅縮小によりドル・円の下げは抑えられそうだ。

ここまでドル・円は100円75銭から101円40銭、ユーロ・ドルは1.1074ドルから1.1103ドル、ユーロ・円は111円59銭から112円54銭で推移。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均