市場ニュース

戻る
2016年07月07日10時25分

【材料】東京個別が反落、先行費用など影響し第1四半期経常の赤字幅拡大

東京個別 <日足> 「株探」多機能チャートより
 東京個別指導学院<4745>が反落している。同社は6日取引終了後に、17年2月期第1四半期(3~5月)の単独決算を発表。経常損益が9億5200万円の赤字(前年同期は8億9600万円の赤字)となったことが嫌気されているようだ。

 売上高は32億5400万円(前年同期比7.0%増)で着地。授業料収入などが堅調で増収を確保した半面、損益面では積極的な移転・リニューアルといった先行費用の発生などが影響した。なお、上半期および通期の業績予想は従来計画を据え置いている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均