市場ニュース

戻る
2016年07月07日08時45分

【材料】オンコリスバイオフォーマ---名古屋大学大学院医学系研究科と共同研究契約締結

オンコリス <日足> 「株探」多機能チャートより

オンコリスバイオフォーマ<4588>は5日、名古屋大学大学院医学系研究科と、腫瘍溶解ウイルスOBP-301(テロメライシン)とチェックポイント阻害剤の併用効果検討に関する共同研究契約を締結したと発表。

近年のがん治療薬開発は、チェックポイント阻害剤をはじめとする腫瘍免疫活性化機能を有する治療薬の開発が大きな潮流となっている。

同社では、テロメライシンの腫瘍溶解作用がCTL活性(細胞傷害性T細胞活性)を誘導することによる腫瘍免疫増強効果を確認してきた。共同研究では、腫瘍免疫分野において多くの研究実績を有する同研究科と、チェックポイント阻害剤とテロメライシンの併用による抗腫瘍効果や全身的な腫瘍免疫活性化に関する検証を進め、テロメライシンの治療領域を、局所から全身治療へと拡げる可能性について検討するとしている。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均