市場ニュース

戻る
2016年07月06日17時40分

【材料】RIZAPグループ---後場で切り返し堅調、8営業日連続で陽線形成

RIZAP 【日足】
多機能チャートへ
RIZAP 【日中足】


RIZAPグループ<2928>は外部環境が不透明な中で、強いリバウンド基調が目立つ。連日で年初来高値を更新するなか、6日は売り先行で始まったものの、5日線を支持線として下げ幅を縮め、一時プラス圏を回復。午前には1051円まで買われ、前日につけた年初来最高値に迫る勢いであった。6日終値は前日比変わらずの1040円だった。

マクロ動向など外部環境の影響を大きく受けている銘柄が多い中、同社は事業拡大など、個別要因によって株価が動くことが期待される銘柄として注目されている。また、5日にはマルコ<9980>の子会社化完了を発表したことで、この点でも期待が集まったもよう。足元では8営業日連続で陽線を形成しており、押し目買い意欲の強さが窺えるチャート形状でもある。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均