市場ニュース

戻る
2016年07月06日10時13分

【材料】フロイントが反落、第1四半期2億9500万円の営業黒字も地合い悪に押される

フロイント <日足> 「株探」多機能チャートより
 フロイント産業<6312>が反落。同社は5日の取引終了後、17年2月期の第1四半期(3~5月)連結決算を発表。売上高は39億1200万円(前年同期比30.3%増)、営業損益は2億9500万円の黒字(前年同期2400万円の赤字)、最終損益は4800万円の黒字(同2900万円の赤字)と黒字転換を達成したが、地合い悪に押される展開。造粒・コーティング装置を主力とする機械部門ではジェネリック医薬品業界の旺盛な設備投資意欲により好調に推移、医薬品の経口剤に使用される機能性添加剤もジェネリック向けを主体に伸びている。

 通期業績は売上高200億円(前期比5.1%増)、営業利益19億円(同41.1%増)、純利益11億8000万円(同22.8%増)と従来見通しを据え置いた。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均