市場ニュース

戻る
2016年07月05日17時24分

【特集】三機工業 Research Memo(6):17/3期は増収を維持、ビル空調衛生は期初の繰越工事高が豊富

三機工 <日足> 「株探」多機能チャートより

■業績動向

(2) 2017年3月期の業績予想

三機工業<1961>は2017年3月期の業績を売上高185,000百万円(前期比3.4%増)、営業利益6,500百万円(同0.1%減)、経常利益7,000百万円(同14.0%減)、親会社株主に帰属する当期純利益4,900百万円(同8.0%減)と予想している。

売上高の内訳としては、建築設備事業で154,900百万円(同3.3%増)と予想されている。事業別では、ビル空調衛生は期初の繰越工事高が豊富であることから72,900百万円(同13.0%増)、産業空調は前期の反動もあり輸出関連を中心に設備投資が一服するとの予想から50,000百万円(同4.0%減)を予想している。ただし、産業空調は一定の手持ち工事を有していることから、予想を上回る可能性もある。電気、ファシリティシステムは前期が好調であったことから、その反動もあり売上高はそれぞれ22,000百万円(同4.2%減)、10,000百万円(同4.0%減)を予想している。プラント設備事業の売上高は、機械システムが9,500百万円(同3.1%増)、環境システム事業が19,000百万円(同1.4%増)とほぼ前期並みを予想している。

受注高は、主力の建築設備事業で149,900百万円(同1.7%減)と予想されている。事業別では、ビル空調衛生は68,900百万円(同4.1%増)と引続き高水準の受注が期待されるが、産業空調は輸出関連企業の設備投資が一服するとの見方から50,000百万円(同4.8%減)を予想している。電気、ファシリティシステムについてはそれぞれ21,000百万円(同7.4%減)、10,000百万円(同9.7%減)と微減が予想されている。プラント設備事業では、機械システム事業は前期の大型受注の反動もあり9,500百万円(同7.8%減)、反対に大型案件が期待できることから環境システム事業は22,000百万円(同12.2%増)を見込んでいる。

全般的には、現在の手持工事が豊富であることから、上記の予想を達成することは十分に可能だろう。今後注意すべきは、進捗管理を徹底して予想外の不採算工事を出さないことだ。受注についても同社を含めた建設・空調設備業界を取り巻く環境はフォローであり仕事量は豊富にあると予想されることから、目標の受注高を獲得することは可能と思われる。

売上総利益率については、前期が高水準(12.8%)であったことから今期は12.4%へやや低下すると慎重に見ている。しかし実際には、利益を確保していくために引き続き現場サポート体制の整備を一段と進める方針であり、調達本部による資材調達の交渉力をさらに高めるとともに、引続き一括管理による現場購買業務のサポートを継続する。さらに、サイト業務支援センターにより、現場における事務処理などの業務を、センターから派遣した社員がサポートすることも継続する。これらの施策により現場の負荷を減らすことで本来の現場管理の業務に集中し、進捗や品質の管理を徹底する中で、手戻りや手待ちをなくすこと等による利益率向上の余地はまだありそうだ。したがって、売上高の上方修正に加えて、利益率が予想以上の可能性もあり、営業利益が当初見込みを上回ることも期待できそうだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均