市場ニュース

戻る
2016年07月05日12時47分

【市況】日経平均は147円安で後場スタート、売買代金上位ではキーエンス、東芝などが堅調/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 売買代金 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 15628.16 (-147.64)
TOPIX  : 1253.31 (-8.66)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から若干下げ幅を広げて始まった。ランチタイムの225先物は薄商いのなか、15600-15620円でのもち合いを継続。昼のバスケットは売り買いトントンとの観測。円相場は1ドル102円15銭、1ユーロ113円70銭辺りと朝方から円高に振れて推移している。

 セクターでは繊維、ゴム製品、空運が小じっかり。半面、保険、鉱業、銀行、水産農林、不動産、石油石炭、サービス、その他製品、情報通信、証券が冴えない。売買代金上位では、Vテク<7717>、キーエンス<6861>、日本エンタ<4829>、東芝<6502>が堅調。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均