市場ニュース

戻る
2016年07月05日10時46分

【経済】(中国)上海総合指数は0.11%高でスタート、金融緩和期待などが支援材料

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

5日の上海総合指数は買い先行。前日比0.11%高の2991.75ptで寄り付いた後は、日本時間午前10時44分現在、0.23%高の2995.53ptで推移している。金融緩和期待が支援材料。預金準備率の引き下げを含む金融緩和策が月内に打ち出されるとの観測は広がっている。また、中国人民銀行(中央銀行)が資金供給を継続していることもサポート材料。一方、最近の上昇で足元では高値警戒感が強まり、やや伸び悩む展開となっている。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均