市場ニュース

戻る
2016年07月04日13時23分

【材料】トランスG---一時ストップ高、尿中ジアセチルスペルミン濃度測定受託サービスを開始

トランスG <日足> 「株探」多機能チャートより

<2342> トランスG 692 +66
後場に一時ストップ高まで急伸。グループ会社のジェネティックラボにおいて、研究者向けに尿サンプル中のジアセチルスペルミン濃度測定受託サービスを開始すると発表している。ポリアミン(第一級アミノ基が3つ以上結合した直鎖脂肪族炭化水素の総称)の一種であるN1,N12-ジアセチルスペルミンが尿中にわずかに排泄され、総ポリアミンと比較してがん病態の変化をより顕著に示す可能性が報告されているという。
《HK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均