市場ニュース

戻る
2016年07月04日10時47分

【材料】C&R社が反発、「戦国修羅SOUL」を台湾、香港、マカオに配信開始

C&R <日足> 「株探」多機能チャートより
 クリーク・アンド・リバー社<4763>が反発。前週末1日の取引終了後、中国を中心にゲームの企画・開発を手掛けるHRGインフォメーション・テクノロジー社とその関連会社GAE(東京都武蔵野市)と共同で、「戦国修羅SOUL」の繁体字版を開発し、台湾、香港、マカオなど繁体字圏に向けて配信を開始したと発表しており、これを好感した買いが入っている。

 「戦国修羅SOUL」は、戦国動乱期をテーマにした戦略性豊かな3DリアルタイムバトルRPG。騎兵、弓兵、槍兵からなる武将でデッキを構成し、陣形を組んでバトルに挑むというもので、フィールドやバトルはフル3Dで迫力ある演出を実現したのが特徴という。また現在、同社ではHRGと共同で本作の簡体字版の開発も進めており、年内に中国全土に向けて配信する予定としていることから、これも好材料視されているようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均