市場ニュース

戻る
2016年07月03日18時16分

【市況】今週の【マザーズ市場】6月27~7月1日『マザーズ指数は1000pt台回復』

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより

【マザーズ指数は大幅反発、本日IPOのキャリアは公開価格の2倍近い初値】27日(月)

■概況■932.42、+41.75
27日(月)のマザーズ市場は、前週末に英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けて急落した反動から、買い優勢の展開となった。日経平均がしっかりした値動きだったことも支援材料となり、マザーズ指数は堅調に推移したが、5日線に上値を抑えられる形となった。個別材料株や直近IPO銘柄、LINE<3938>関連株などが買われた。なお、マザーズ指数は大幅反発、売買代金は概算で1378.67億円と足元ではやや低調だった。騰落数は、値上がり:204銘柄、値下がり:25銘柄、変わらず:2銘柄。


◆注目銘柄◆
マザーズ売買代金トップのSOSEI<4565>や、ブランジスタ<6176>、グリーンペプタイド<4594>、アカツキ<3932>などが上昇。大株主による株式買い増しが続くアキュセラ<4589>、直近IPO銘柄の農業総合研究所<3541>、LINE関連のネットイヤー<3622>やフリークアウト<6094>、その他メドレック<4586>はストップ高で本日の取引を終えた。LINE関連株は同社の仮条件決定が本日予定されていたことから物色が向かったようだ(引け後にLINEの仮条件決定日は28日へ変更されている)。また、エニグモ<3665>やアライドアーキ<6081>が20%超、ホープ<6195>、バルニバービ<3418>、インスペック<6656>、SHIFT<3697>、Hamee<3134>などが10%を超える上昇となった。一方、前週末にストップ高となった直近IPO銘柄のAWS?HD<3937>が反落。その他、グローバルW<3936>、ソネット・メディア<6185>、フルッタ<2586>などが下落した。なお、本日マザーズ市場へ新規上場したキャリア<6198>は公開価格の2倍近い初値を付けた。その後、引けにかけて利益確定売りに押された。


-----------------------------------------


【マザーズ指数は続伸、本日IPOのベガコーポは初値後ストップ高に】28日(火)

■概況■952.53、+20.11
28日(火)のマザーズ市場では、欧米株安の流れを受けて、前日の大幅上昇に対する利益確定売りが先行した。ただ、日経平均が急速に値を戻し底堅さを見せると、マザーズ市場でも安心感から買いが入った。主力のSOSEI<4565>が続伸して指数をけん引したほか、個別材料株や直近IPO銘柄の一角に物色が向かった。ただ、前日同様に売買はさほど盛り上がらなかった。なお、マザーズ指数は続伸、売買代金は概算で1409.15億円。騰落数は、値上がり:150銘柄、値下がり:65銘柄、変わらず:9銘柄。


◆注目銘柄◆
マザーズ売買代金トップのSOSEIが6%近く上昇したほか、ブランジスタ<6176>、ADWAYS<2489>、JIG?SAW<3914>なども上昇。大株主による株式買い増しが続くアキュセラ<4589>は連日のストップ高。前日に新規上場したキャリア<6198>や、ドリコム<3793>、インスペック<6656>、モブキャス<3664>もストップ高で取引を終えた。キャリアは政策関連の直近IPO銘柄として関心が高まったようだ。また、新作ゲームの配信開始を発表したアカツキ<3932>、がんの体外検査薬が日本で特許査定を受けたオンコリスバイ<4588>などが10%を超える上昇となった。一方、フリークアウト<6094>、ミクシィ<2121>、エニグモ<3665>などが軟調。上場後に強い値動きが目立っていたAWS?HD<3937>がストップ安まで売られたほか、同じく直近IPO銘柄の農業総合研究所<3541>も急反落した。なお、本日マザーズ市場へ新規上場したベガコーポレーション<3542>は公開価格を25%上回る初値を付けた。初値形成後は利益確定売りをこなしてストップ高まで上昇した。


------------------------------------------


【マザーズ指数は大幅に3日続伸、SOSEI堅調でキャリアなどがストップ高】29日(水)

■概況■985.64、+33.11
29日(水)のマザーズ市場は、前日の欧米株高を受けて英国の欧州連合(EU)離脱に対する懸念がいったん和らぎ、朝方から買いが先行した。日経平均の堅調推移が支援材料となり、マザーズ指数は節目の1000ptに迫る場面も見られた。時価総額上位銘柄が上昇して指数をけん引したほか、値動きの軽い中小型材料株などに物色が向かった。ただ、資金の逃げ足も速く、買い一巡後に伸び悩む銘柄も目立った。なお、マザーズ指数は大幅に3日続伸、売買代金は概算で1290.76億円とさほど盛り上がらなかった。騰落数は、値上がり:186銘柄、値下がり:43銘柄、変わらず:2銘柄。


◆注目銘柄◆
マザーズ売買代金トップのSOSEI<4565>や、サイバーダイン<7779>、ADWAYS<2489>、モルフォ<3653>、ミクシィ<2121>などが堅調。LINE<3938>の仮条件決定を受けてADWAYSなどの関連銘柄に物色が向かった。AI(人工知能)や顔認識技術で大手企業と開発・実証実験を開始したsMedio<3913>はストップ高比例配分。また、直近IPO銘柄のキャリア<6198>や農業総合研究所<3541>に加え、ファーマF<2929>、インスペック<6656>がストップ高で取引を終えた。その他、Hamee<3134>、エボラブルアジア<6191>、グローバルW<3936>、中村超硬<6166>などが大きく上昇した。一方、ブランジスタ<6176>、フリークアウト<6094>、アトラエ<6194>、AWS?HD<3937>、SHIFT<3697>などが軟調。また、前日ストップ高となっていたアキュセラ<4589>、モブキャス<3664>、VEGA<3542>が本日はそろって急反落し、マザーズ下落率上位に顔を出した。


-------------------------------------------


【マザーズ指数は4日続伸、SOSEIが急伸し1000pt台回復】30日(木)

■概況■1009.48、+23.84
30日(木)のマザーズ市場では、指数寄与度の大きいSOSEI<4565>がリリースを受けて急伸し、マザーズ指数は節目の1000ptを回復した。前日までの中小型株物色の流れも継続し、個別材料株のほか出遅れ感の強まっていた銘柄などに買いが向かった。しかし、資金の逃げ足の速さから値動きの荒い銘柄も目立った。なお、マザーズ指数は4日続伸、売買代金は概算で1737.50億円。騰落数は、値上がり:130銘柄、値下がり:95銘柄、変わらず:6銘柄。


◆注目銘柄◆
SOSEIがマザーズ売買代金トップで9%の上昇。英子会社による新たな提携を発表している。また、売買代金2位で直近IPO銘柄の農業総合研究所<3541>はストップ高で取引を終えた。政策関連のテーマ株と位置付けられているようだ。サービス連携を発表したALBERT<3906>もストップ高で、キャリア<6198>、オンコリスバイ<4588>、インベスターズクラウ<1435>などは10%を超える大幅高となった。その他、モルフォ<3653>、JIG?SAW<3914>、サイバーダイン<7779>などが上昇した。一方、アキュセラ<4589>、エボラブルアジア<6191>、Hamee<3134>、sMedio<3913>、VEGA<3542>などが軟調。また、前日に決算発表した直近IPO銘柄のストライク<6196>や、グローバルW<3936>、AWS?HD<3937>がマザーズ下落率上位となった。


-------------------------------------------


【マザーズ指数は5日続伸、本日IPOのセラクは初日値付かずの高い人気】01日(金)

■概況■1027.88、+18.40
01日(金)のマザーズ市場は、前日急伸した主力のSOSEI<4565>が反落したものの、中小型株の循環物色の流れが続いた。円相場が強含み、主力大型株が上値の重い展開となったことも中小型株に物色を向かわせた。特に値動きの軽い材料系の小型株や直近IPO銘柄が買われた。なお、マザーズ指数は5日続伸、売買代金は概算で1587.50億円。騰落数は、値上がり:176銘柄、値下がり:49銘柄、変わらず:6銘柄。


◆注目銘柄◆
直近IPO銘柄のキャリア<6198>が活況となり、ストップ高手前まで買われた。また、直近IPO銘柄ではVEGA<3542>とストライク<6196>がストップ高で取引を終えたほか、Jリース<7187>やアトラエ<6194>も急伸した。上値追いの展開が続く農業総合研究所<3541>は引けにかけて値を崩したがプラスを確保した。その他では、インスペック<6656>とショーケース<3909>がストップ高。ショーケースはクラウド型多言語オーディオガイドアプリシステムの本格販売を開始した。自社株買い実施を発表したビーロット<3452>、前期業績を上方修正したGunosy<6047>のほか、ナノキャリア<4571>、アンジェス<4563>などは10%超の大幅高。JIG?SAW<3914>、CRI・MW<3698>、エボラブルアジア<6191>、ミクシィ<2121>、モブキャス<3664>も堅調だった。一方、SOSEIやアキュセラ<4589>、モルフォ<3653>、グリーンペプタイド<4594>、インベスターズクラウ<1435>などが下落。また、オンコリスバイ<4588>、イトクロ<6049>、JIA<7172>がマザーズ下落率上位となった。なお、本日マザーズ市場へ新規上場したセラク<6199>は買い気配のまま初値が付かなかった。


-------------------------------------------

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均