市場ニュース

戻る
2016年07月01日12時50分

【市況】日経平均は129円高で後場スタート、ソフトバンクがマイナス圏推移、日経平均の重石に/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 15705.21 (+129.29)
TOPIX  : 1256.33 (+10.51)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値を上回って始まり、再び15700円に乗せている。ランチタイムの225先物は15650円辺りから15700円まで上昇した後に、現物の寄り付き時には15660円と伸び悩んでいた。昼のバスケットは小幅に売り越しとの観測。円相場は1ドル102円80銭、1ユーロ114円10銭辺りと円高に振れて推移している。

 セクターでは水産農林、精密機器、化学、金属、食料品、電気機器がしっかり。半面、空運、鉱業、石油石炭、倉庫運輸、不動産が一服。指数ではソフトバンクグ<9984>がマイナス圏での推移となり、日経平均の重石に。規模別指数では大型、中型、小型株指数いずれも上昇しているが、大型株指数の伸びの鈍さが目立つ。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均