市場ニュース

戻る
2016年07月01日12時21分

【市況】日経平均は5日続伸も銀行など回転が利きづらい/後場の投資戦略

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 15679.85 (+103.93)
TOPIX  : 1254.15 (+8.33)

[後場の投資戦略]

 日経平均は一時15765.00円まで上げ幅を広げる場面もみられたが、その後は寄り付き水準でのこう着が続いている。指数ではソフトバンクグ<9984>がマイナス圏での推移となり、日経平均の重石に。規模別指数では大型、中型、小型株指数いずれも上昇しているが、大型株指数の伸びの鈍さが目立つ。また、円相場が東京時間になると円高に振れて推移しており、これも上値追いを慎重にさせている。

 日経平均は5日続伸ではあるが、インデックスに絡んだ商い次第といったところ。銀行などは上昇しているものの寄り付き水準を下回っており、回転が利きづらいだろう。ただし、自律反発の中、上げ幅を縮める局面においては押し目拾いの買いは入りやすいだろう。押し目買い、戻り売りのスタンスとなる。(村瀬 智一)
《NH》

 提供:フィスコ

日経平均