市場ニュース

戻る
2016年07月01日11時24分

【材料】出光興産が急反落、国内大手証券が「昭和シェル石油を子会社化」シナリオ想定、投資評価・目標株価を引き下げ

出光興産 <日足> 「株探」多機能チャートより
 出光興産<5019>が急反落。現在は今日の安値圏で推移している。SMBC日興証券がネガティブなリぽポートがリリースされており、売り手掛かり材料視されているようだ。

 リポートによると、為替レート、足元の事業環境、6月28日の株主総会における創業家による合併反対意見等を踏まえ、同社の業績予想を下方修正。同証券では、最終的に経営統合が実行されるとの見方は維持するものの、「昭和シェル石油<5002>を子会社化」のシナリオを想定することにより、石油製品事業の利益改善効果を従来の見込みより減額している。

 投資評価を「1」(アウトパフォーム)から「2」(中立)へ格下げし、目標株価を2900円から2300円へ引き下げている。
《MK》

株探ニュース



日経平均