市場ニュース

戻る
2016年07月01日10時39分

【材料】任天堂、国内大手証券は中期投資を前提に今がエントリータイミングと解説

任天堂 <日足> 「株探」多機能チャートより
 任天堂<7974>が小幅ながら3日続伸。現在は今日の高値圏で推移している。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、次世代ゲーム機や次世代携帯ゲーム機が牽引する中期利益成長ストーリーに変更はないと指摘。今後予想される次世代ゲーム機や次世代携帯ゲーム機の全容発表による収益インパクトの織り込みや、モバイルゲームの収益化に対する懐疑的な見方の払拭が実現すれば、株価が大きく再評価される可能性が高く、中期投資を前提に今がエントリータイミングと解説。

 レーティング「オーバーウエート」を継続、目標株価は3万2200円から2万7800円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

日経平均