市場ニュース

戻る
2016年07月01日10時25分

【材料】ソフトバンクが続落、「アローラ氏を巡り米SECが調査」

ソフトバンク 【日足】
多機能チャートへ
ソフトバンク 【日中足】

 ソフトバンク <9984> が続落。日経新聞が1日付で「米証券取引委員会(SEC)がソフトバンクグループを退任したニケシュ・アローラ前副社長の在任中の行為に関して調査に乗り出したことが30日、分かった」と報道したことが売り材料視された。

 報道によると「複数の米メディアが報じた。アローラ氏を巡っては米法律事務所が利益相反行為やインサイダー取引に関与した可能性があると指摘していた」という。退任したアローラ氏の不適切な行為の疑いによる会社イメージの悪化を懸念する売りが向かった。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均