市場ニュース

戻る
2016年07月01日07時52分

【市況】伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (7月1日記)

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

 日経平均株価は、昨晩の円安とNYダウの上昇から、寄り付き値で上放れて始まる公算です。6月24日の安値が底値になっているなら、目先はいったん24日に下げた分を戻す動きになると考えられます。

 以前より、その戻し方は一気に戻すか、ジグザグに戻すかのどちらかだと書いてきましたが、一気に戻す展開になっています。強気の展開に入っているなら、本日は昨日の高値1万5781円を突破して、そのまま引ける動きになるはずです。

 1月以降、1万6000円以下に下値堅さのある値動きとなっています。目先は1万6000円まではすぐに戻す動きになると考えられますが、1万6000円を超えた後、上げにくい動きになる可能性があります。


情報提供:パワートレンド=伊藤智洋のPower Trend

【伊藤智洋 プロフィール】
1996年に投資情報サービス設立。メールマガジン、株価、商品、為替の市況をネット上で配信中。最新刊「株の値動きは4回のうち3回当てられる」(KADOKAWA)など著書多数。

株探ニュース

日経平均